まだまだ読みたい方

私が藤一色を作る前に数百本観た芝居は『負』に焦点が当たった作品がほとんどでした。 私が思う『負』とは、辛さ、悩み、ドロドロ、暴力、死が核にあるものです。 学ぶことは多くとも、心が疲れてしまうんです。そういう楽しみも確かにあります。 そこに優しさが充分活きてれば『容疑者Xの献身』『人間風車』『芸人交換日記』とかみたいに、毒が裏返って芝居中で溜まった心の疲れすらも吹き飛ばしてくれるものもあります。 『負』を知って『優しさ』を学ぶ作品もあります。
でも、藤一色は『優しさ』から『優しさ』に広げていきたいのです。 優しさって一歩間違えれば好意の押し付け、ありがた迷惑、大きなお世話とも言えます。 それでも、その優しさを受け取る側が優しい気持ちになれたら、それは確かに優しい行動の表れだと思うのです。 つまり、芝居で『優しい』を作るには、絶対的にお客さんの受け取りが必要なわけで、作り手達の自己満足の優しさだけでは藤一色の芝居は伝わらないんだと思います。 それでも脚本の状態で『優しい』を伝えたいのですが、実はほんのちょびっとだけ葛藤があります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。