ちぐうはぐう (9/13)

脚本ちょい読み企画とは!!

6月3日より上演予定の脚本前半部分を、
公式ホームページで毎日1ページずつ
【先読み公開】していきます!

本編をより楽しみたい、
先にどんな話か気になる方は
ぜひご覧下さいませ。

6月2日までの13日間、
毎日更新してまいります。

この先ネタバレ注意!


藤一色 第九色公演
『ちぐうはぐう』

作・遠藤遥風
 

登場人物
 
遠澤(男)
松屋(女)


松屋「どういうことですか。」

遠澤「んー。まだちょっと半分ドッキリとか冗談だと思って言うけど、ここまでドッキリするメリットが思い浮かばないんだよな。」

松屋「全然わかんないんで、はっきり言ってください。」

遠澤「凄く台詞っぽいんだけど、松屋タイムスリップした?」

松屋「何言ってるんですか。」

遠澤「あ、もしくは俺がタイムスリップしてるのか。」

松屋「はい?」

遠澤「今、松屋的に、何年?」

松屋「今は、2018年ですよ。」

遠澤「2021年。」

松屋「ん?」

遠澤「俺の今は、2021年なんだよ。」

松屋「いやいや。」

遠澤「どっちかが、タイムスリップしてる。」

松屋「本気で言ってます。」

遠澤「俺的にはこの令和3年の硬貨が証拠。これ、証拠じゃなかったら、通貨偽造罪。そんなリスクしてまで騙さない。でも、松屋の硬貨は2018年って証拠にはならない。」

松屋「それはそうですけど。」

遠澤「でもどっちかが、絶対タイムスリップしてる。」

松屋「何でそう言い切れるんですか。」

遠澤「2021年の松屋は絶対にマスクしてくる人だから。」

松屋「私、マスクあんましないですよ。」

遠澤「2018年の松屋はね。松屋じゃなくても、演劇関係者だったら、いやまあ普通の人でも。冗談でもサプライズでも、マスクをしないで稽古に来るってのは2021年の松屋は、絶対にしない。」

松屋「仮に今が2021年だとして、私、劇団員になってるんですか。」

遠澤「そう。」

松屋「てことは、私が増えて……劇団員11人ってことですか。」

遠澤「6人。」

松屋「5人も退団したんですか。」

遠澤「いや、7人退団して二人増えた。」

松屋「まじか。」

遠澤「え、2018年ってことは。今、第6回公演の稽古ってこと。」

松屋「はい。」


続きは
明日5月30日(日)更新!